2016年05月24日

友達がカラオケボックスから転職した理由

大学生の頃、カラオケボックスでアルバイトをしていた友達がいました。
でもそのカラオケボックスはオバケが出るって噂があったんです。
友達は霊感なんてないし今まで一度も見たことなかったので軽く流していました。

そんなある日のことです。
友達が一人でレジ閉めをしていると近くで物音がしたんだって。
顔を上げると物音は止むの。
キョロキョロしても誰もいないし気のせいだって思ってそのままレジ閉めを続けていました。
すれと耳元で子供の声がしたんです。
「あそぼ。」って…
友達は必死で平常心を保ちながらレジ閉めを終わらせました。

後は覚えてないくらい猛ダッシュで帰ったそう。
次の日、店長に電話して辞めたそうです。
店長もなぜか理由は聞かなかったそう…
これが転職する決め手になりました。

それから友達はパチンコ屋のホールアルバイトに転職しました。
いつも賑やかなパチンコ屋なら安心だと思ったのだそう。
オバケのいるカラオケボックスなんて怖すぎる…
転職して良かったですよ。

私も知っているカラオケボックスなんですが、それを聞いて以降入ったことはありません。
今でも潰れずにあるカラオケボックス…
子供のオバケはまだいるのでしょうか…?
そこだけは本当に転職して働きたくありません!

[リンク]病院薬剤師の求人を探せる大手サイト特集

2016年04月13日

アレルギー持ちの医師

知り合いの医師はたくさんのアレルギーを抱えてるそうで、アレルギーとは無縁の私は医師のアレルギーの話を聞いてその苦労を知った。

確か小麦と大豆に乳製品、それからダニと杉と金属アレルギーだったかな。こんなにアレルギーを色々持っている人がいるということに驚いたが、医師は「まだまだ序の口。」だそうでもっとアレルギーを持っている人はいるらしい。小麦と大豆と乳製品と言うと、ほとんど食べ物に入っているのではと思うが医師は毎日の食事にはなんら困ったことは無いという。

医師は実家でご両親と暮らしている、医師のお母様が毎日医師のアレルギーに配慮した食事を作ってくださっているらしい。それは納得だった、けど医師が「そうやって過保護に育てられたせいで、こんなにアレルギーを抱えてしまったのだから加減とは難しいものだな。」といっていた。そうか、私の家ではアレルギーを持った者はいない。小さいころ何でも食べていたし、野外活動も多かった。たくさんの免疫を持っていたのだろう、病気も怪我も少なかったし。

どちらが正しいのかなんてことはないだろうが、子供が自然体で居られるようにするにはやはりたくさん外に出て色んな経験をすることで体も強くなるのだろう。

そんな知り合いの医師は近々転職をするそうだ。アレルギー大丈夫かな。

2016年01月04日

今年の抱負を考えよう

新しい一年が始まってみんな、なにか目標とか計画とか考えましたか?
私は今のところ何にも考えてません。
病院で看護師していたころにはハードすぎてあれこれ希望とかがあったんだけど転職して企業で看護師として働き始めてからは結構快適な仕事をしてるなって思えるからなかなか新たな目標とか計画とかなかなか考えないんだよね。
だけどやっぱり一年の目標って何か立てなきゃいけない、自分自身を成長させなきゃいけないんじゃないかって気持ちは持ってる…。
あわてずにやれば出来ることで何か目標を考えようかな…。
ついつい自分に甘くなっちゃうから必死で頑張らなきゃ出来ないようなことの方がいいかもしれないね。
何か資格取得に向けての勉強とかでもいいかもしれないね。

2015年10月31日

幸せのために!

もうすぐボーナス、そしてそれが終わるとあっという間に年末年始がやってきます。
今年の正月は何をして過ごそうかな…なんてことを一人にんまりしながら考えている私。
病院で看護師の仕事をしているころはそんなことを考える余裕なんてなかったから今はすごく幸せ気分。
考えてみれば看護師の仕事って病院だけじゃないんだよね。
もっと早く視野を広げて考えたら早くこの場所に来れたのかもしれない。
だけど一度大変な思いを体験しなかったら今のように自分の居場所が幸せなんだっていう気持ちになることもなかったかもしれないよね。
何でもかんでも何かのせいにして現実逃避してばかりいたら幸せが逃げちゃう。
次はどんな幸せがやってくるか、つかめるか…そんな前向きなことばかり色々考えていると楽しいです。

2015年06月30日

待っているだけでは求人を出しても人は来ない

求人で人が来ないという状況をいかに早く脱出させ、安定して人が来る環境を造りだすことができるかは重要な課題です。特にチェーン店などではなく、ブランド力がない小さなお店などはとても大きな問題になってきます。お客が来るのだが、従業員が少ないので店を回すことができなくなる。するとお客に満足のいくサービスを提供することができなくなり、貴重な資源であるお客がいなくなります。

この負の連鎖だけはどうにかして止めなければなりません。そこで、求人サービスを色々と変化させることにしているのです。普段ではあまり行動することができていないことであっても、自分が何かをすることにより流れを止めることができるのではないかと考えるようになったのです。そうして変化を見つけたのが、求人の方法でした。今までは、張り紙を発行して、店の前に貼る程度でした。

これでは効果は限定的だということは理解していました。今の時代はインターネットがあります。これを使うことにより普段以上の広告効果を維持させることができるのではないかと考えました。値段も安いのですぐにネット上に求人を出してみたんです。すると驚くほど多くの人から問い合わせの電話がありました。待っているだけではだめであり、様々な行動が必要だということを感じました。

やはり今は転職エージェントが重要な時代です。インターネット×転職というキーワードが2015年以降のこのマーケットのカギでしょう。

2015年04月22日

ないものねだりはやめなきゃね

病院で看護師をしていた私が今では会社勤務。
最近ちょっと、思うんだよね…。病院勤務していた頃がなつかしいって。
あんなに忙しくて大変で早く辞めたいってそれしか思えなかった職場なのにね。
今になって懐かしいなんて気持ちになるなんて…。
不思議だよね。
人間自分にないものをほしいと思ってします。
それと同じなのかもしれない。
たぶんいつの日かまた病院勤務の看護師になることがあったとしたら(きっとそんなことはないと思うけど)、また今働いている職場のことを懐かしく戻りたくなってしまうのかもしれないね。
自分にないものがほしいって思う気持ちはあっても仕方ないけどそれを自分の気持ちのままあちこちうつるようなことはしちゃいけないね。

2014年12月31日

年末年始の休暇満喫中

ただ今年末年始の休暇を満喫中の私です。
病院看護師をしていた頃には味わうことの出来なかった大型連休です。
企業看護師になってからはこんなに休んでいいの?って思うくらい休みがあってビックリ。
たまにまた病院看護師になりたいって思うこともあるんだよね、じつは…。
だけど休日とか勤務時間とかを考えるとやっぱり今の仕事を辞められないだろうね。
大きな問題もなく日々過ごしている今の私には病院での勤務の緊張感がなつかしく思ってしまうんだよね…。
みんな自分のないものをほしがったりするもの、私も同じなんだろうね。
来年はまだ何か私に出来ることはないのかなって少し将来的なことを考えてみたいなって思ったりもしています。
看護師以外に私の出来ることを探したいって…。
趣味とかでもいいんだけどね。
何もない平凡な日々に少し刺激を…って思います。

2014年11月16日

健闘した錦織選手

錦織選手、残念でしたねぇ。
今季最終戦、ジョコビッチ選手に1セット勝てたからもしかしたら…なんて簡単に思ってしまったけどそうは行きませんでしたね。
それでもジョコビッチ選手相手に1セット取ったっていうのがすごいことなんだよね。
決勝進出は逃してしまったものの大きな拍手を送りたいね。
看護師の仕事をしている私は実は学生時代に少しだけテニスをしたことがあるんだよね。
だけど私には向いてなかったみたいで全く上達しなかったんです。
スポーツって私には合わないのかもしれません。
その後看護師っていう職業に興味がわいて今に至ります。
錦織選手のあの強さ、本当にうらやましいです。
普段話をしている時の彼はふんわりした感じのイメージだけど試合になると別人みたいだね。

2014年10月12日

自分の道はしっかり決める!

病院で看護師の仕事を続けていた私が企業看護師になりたい…そんな風に言ったとき、周りのみんなはかなり驚いた顔をしていたのを今も覚えています。
そりゃそうだよね。
それまで一度もそんなことを言ったことなかったし自分でもびっくりしているくらいだもん。
だけど私の働く場所はここじゃない!って思ってしまったから仕方ないよね。
ここじゃないって一度思ったらもう本当の場所に向けて頑張っていくしかない。
少しでも自分に合った職場で働くことのほうがいいに決まってるもんね。
それがなかなかかなわないものなら仕方ないけど私の場合は運よくかなってしまったから…。
今の場所は結構居心地良くてやっぱり私の決断は正しかったかなって思えます。
たとえ失敗だったとしてもそれが自分で選んだ道なら仕方ないしね。
また別の道を考えることだって出来るんだし、何も行動しないっていうのが一番駄目かな…。

2014年09月18日

薬剤師の私が実践しているヘルペスの治し方

薬剤師の私は抵抗力が低下すると、必ずと言っていいほど唇にヘルペスができます。
大阪の地方公務員薬剤師として採用されていた時もそうでした。
私の家族ではヘルペス感染者はお姉ちゃんだけなので、きっとお姉ちゃんに移されたのだと思います。
ヘルペスってすぐに感染するんですよね。

まず唇の一部にシコリのようなものができて、痒くなってくるの。
それを放っておくとシコリがジンジンと疼いてきて、グロテスクなデキモノになっていくのです。
自分の唇なのに見れたものじゃありませんよ。

薬剤師の私が初めてヘルペスになったのは高校生の時。
初めてのヘルペスは放っておいたからめちゃくちゃ酷くなりました。
同じクラスの友達に「何それ?キモい!」と言われて傷付いた思い出があります。
そう言われてようやく病院へ行ったんだけどね。
ヘルペスの塗り薬と飲み薬を処方されました。
先生に「今度からは酷くなる前にきてね。」と言われました。
そんな事言われてもあっという間に酷くなったし…と、その時薬剤師の私は思いましたよ。

それ以来、ヘルペスができそうだなと思ったらすぐに塗り薬を塗ってビタミンBのサプリメントを飲むようになった薬剤師の私…
おかげで酷くなる前に治ってしまいますよ。
どんな病気も早いうちに治してしまうのが1番なんです!